O脚,矯正,改善,直し方

O脚
O脚を直したい方は今すぐコチラをクリックした方がいいです

『子供のO脚は小さい頃に直すべきか』

『子供のO脚は小さい頃に直すべきか』

 

今月に入って自宅の周囲でクリスマスの飾りつけをしている家が増えました。
我が家の窓から、ちょうど隣の家の出窓のイルミネーションがとっても
キレイに見えるんですよ。

 

子供達が喜んで窓からサンタさんやキラキラを見つめています。
窓際にかぶりつきになってる子供の後ろ姿を見てふと考えました。

 

以前から、ちょっと脚がO脚ぎみかな?
と思ってたんだけど、最近ちょっと目立ってきたように感じます。

 

大人の場合、生活習慣がO脚の原因であることが多いと聞いたのですが、
子供のO脚の場合というのは何が原因なんでしょうね。

 

赤ちゃんの頃はほとんどの赤ちゃんの脚がO脚ぎみに丸くなっていますが、
小学校にあがるくらいまでにはほとんどのO脚が改善されているものだそうです。

 

それでも直らない場合は、O脚の矯正やストレッチなどをはじめたほうがいいのかな?

 

赤ちゃんの頃ハイハイで足腰を鍛えるはずが、歩行器ばかりに乗せていることで
脚の力が強くならずO脚になってしまうとか、
また、早い時期から歩きはじめたからO脚になったとか、
はたまた遺伝とか、いろんな話を周囲から聞くのでどの情報が正しいのか
さっぱりわかりません。

 

親としてもう少し詳しく調べてみたいと思います。