O脚,矯正,改善,直し方

O脚
O脚を直したい方は今すぐコチラをクリックした方がいいです

0脚の原因「赤ちゃんの頃」

 O脚の原因は、おとなになってからだけではありません。実は、赤ちゃんの頃にも気をつけておかないと、O脚になってしまう場合があります。もし、赤ちゃんがいる親であれば、くれぐれも注意することが必要です。

 ただ、親としては、自分の子どもが他の同い年の子よりも、歩き出すのが遅かったら、焦るかもしれません。そして、親同士でついつい、比べてしまい、「うちの子は成長が早い」と自慢したり、逆に、成長が遅いと心配になったり、これらの考えはほぼ間違っています。なにより、赤ちゃんが歩き出すのにも、個人差があります。

 赤ちゃんが歩かないのは、歩きたくないからではなく、歩く準備ができていないからです。この状態でもし、無理やり歩かせようとしたら、足に負担がかかってしまい、しまいには、O脚の原因にもなりかねません。また、歩行器を使うのもやめましょう。赤ちゃんの脚を考えると、無理やり歩かせているのと同じですから、決していい方法ではありません。

赤ちゃんの頃に無理をさせて、O脚になってしまったケースも、実はとても多いようです。赤ちゃんの成長は、本当に人それぞれです。多少、成長が遅くても、それも個性だと信じて、温かく見守るか、育児センターなどで相談することをおすすめします。

原因「赤ちゃんの頃」関連エントリー

O脚の原因「姿勢」
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
原因「ハイヒール」
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
O脚の原因「カルシウム不足」
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
「外反母趾、偏平足」
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
0脚の原因「寝相」
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
日本人に多い本当の理由
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします
O脚とセルライト
O脚の矯正,改善,直し方などの情報をお届けします